自己破産をすると車のローンはどうなる?

自己破産は債務整理の手続きの一つで借金の返済義務がなくなる手続きです。
そんな自己破産の手続きですが、車などの資産を持っている方は、その資産が
自己破産をすることでどうなるのか?気になる方が多いようです。

自己破産をすると原則として車は引き上げられます。
財産として価値がない20万円以下の車の場合は乗り続けることが可能です。
そうでない場合は、例え仕事で車を使っていたとしても文句なく引き上げになります。

参考>>自己破産後の車の引き上げ時期は?

もし、車にローンが残っている場合は、ローンの返済義務はなくなりますが
車自体は引き下げられるので手元には置いておけません。

というのも、車のローンを組んでいる場合は所有者がカーローンの会社に
なっていることがほとんどなので自己破産をすると引き上げられてしまいます。

仮に車の財産価値が20万円以下の場合はどうなるでしょうか?
ローンが残っていて、財産価値が20万円以下の車を所有しているという状況自体が
なかなか珍しい状況ではありますが、その場合の対応は分かれます。

カーローン会社が所有者留保で引き上げる場合もありますが、
そのまま放っておかれるパターンもあります。

ちなみに自己破産後には車をローンで購入することが一定期間できなくなります。
なので仕事や生活などで車が必要な場合は、現金で安い中古車を購入するか、
家族などの名義でローンを組んで車を購入することになるでしょう。